ソイスリムでダイエット体験TOP > ソイスリムのダイエット効果を上げる食べ方

ソイスリムのダイエット効果を上げる食べ方

ソイスリムのような置換えダイエットは単に食事を置き換えるだけ簡単ダイエットなのですが、効果をより上げたければそれなりにやはり努力も必要なようです。

置き換えるタイミング

ソイスリムと一緒に送られてきた冊子にも書かれていましたが、置き換えダイエットは夜ご飯の実践がおすすめなんだそうです。
なぜなら、夜遅い時間の食事は、食べたものが脂肪に変わりやすい性質があるそうです。

BMAL1(ビーマルワン)という言葉を聞いたことはありませんか?
BMAL1(ビーマルワン)とは、体内の脂肪分解を抑制する物質で、夜から朝方に増えるそうです。すなわち、その時間に脂肪が体内にのこっていれば、BMAL1はその分解を抑えてしまうので、その時間に脂肪を残さないようにすることがタイエットには重要なんです。
寝る前までには食事から摂った脂肪は分解しておくことが重要で、寝る前4時間前までには食事を終わらせておくのがダイエットの鉄則です。

ですので、例えばランチをソイスリムで置換えて、お腹ぺこぺこになって夜に沢山食事を摂ってしまい、寝る前までに消化吸収がおわっていなければその脂肪が体に取り込まれ、せっかく抑えたカロリーも無駄になってしまうということになってしまいます。

ソイスリムの置換えは、ぜひ夜ご飯に行いましょう。

食事も気をつけたい

ソイスリムで一食置き換えることで1日の摂取カロリーはかなり抑えることはできますが、だからといって他の食事を好き放題たべていたらいつの間にかカロリーオーバー、、、ということになっているかもしれません。

厳密なカロリー計算をする必要はありませんが、以下のようなことを頭にいれておくとダイエット効果が高まるはずです。

1)炭水化物を減らすことを意識しましょう

ご存知の通りご飯・麺類などには多くの糖質が含まれています。極端に糖質を抑える必要は危険ですが、ダイエット中は丼ぶり物や麺類単体の食事をを控えたり、ご飯は今まで食べていた量を半分にしておかずの野菜を増やすなどして糖質を少し抑えるようにしましょう。

2)タンパク質は減らさない

ダイエットにタンパク質を減らしてしまうと活力も低下し、消化吸収も落ちてしまい、余計にダイエットがうまく行かない場合があります。揚げ物や油の多い霜降りのお肉などはダイエットにはよくありませんが、ダイエット中は良質のタンパク質はむしろ積極的にとってほしい食品です。

3)水分をしっかりとりましょう

ダイエット中は水分もしっかりと取るように心がけましょう。特にソイスリムは水分と一緒に食べるとお腹で膨らみますので、多めの水をのむことで更に腹持ちがよくなります。

このページの先頭へ